蛇の意味

古来より「神の使い」などとして、世界的に信仰の対象とされている。

世界各地に伝わる龍やドラゴンは、蛇から発展・変化したものが多く、日本の龍神信仰も元は霊獣である蛇を水神として祀っていたものが、大陸からの影響によって変化したものです。

蛇は脱皮を繰り返す事から、不死と再生、時間の象徴、として捉えられる他、足を持たずに水、陸、空、(木の上)を移動出来る事や、竜巻や川、虹などに形が似ている事から世界各地で蛇は水神とされています。

日本では山野に棲み、ネズミなどの害獣を獲物とする事から、穀物の守護神とも言われています。