スカル(髑髏)の意味

骸骨は、死の象徴です。死のみ表すだけでなく、死んでいった人への情、故人を忘れないと言う思いを表したものだとされています。

キリストが磔になった場所と言われる『ゴルゴタの丘』ゴルゴタ(Golgotha)とはヘブライ語で『スカル(髑髏)』の意味があります。

キリスト教では生の象徴とされた時期もあったスカルですが、第二次大戦時、ナチスドイツ軍が軍章に死の恐怖を煽るスカルをモチーフに使用した事から、使用を止めたと言われています。